catch-img

40代からの糖質制限ダイエットのサポートにはかかせないオイルとは?


ちょっと前に話題となったMCTオイルについて!40代に入る頃から意識していきたいのが炭水化物を単独で摂ることによる血糖値の急上昇(太る原因)と、もうひとつが認知症への対策です。食生活の面から脳を守るという意味で、近年ココナッツオイルが脚光を浴びています。ココナッツオイルは中鎖脂肪酸と呼ばれる油を多く含みます。中鎖脂肪酸は、実は飽和脂肪酸に含まれる油なのですが、
肝臓に入って分解されるとケトン体という物質を産生します。ケトン体は体内にブドウ糖が少なくなるとブドウ糖の代わりのエネルギーとして使われます。高齢になるとブドウ糖をエネルギーとして使う力が落ちていき、脳がエネルギー不足をおこしやすくなります。脳のエネルギー不足は認知症の発症にもつながります。そうしたとき、ケトン体がつくれる食事をとっていると、ブドウ糖の代わりにケトン体がエネルギー源となって脳の健康を守ってくれます。
太らないために炭水化物を減らしていく際も糖質が減る分、脳がエネルギー不足となる可能性
があります。そのときに中鎖脂肪酸の油をとることでケトン体がつくられ脳細胞が
エネルギー不足に陥ることを
防いでくれるのです。それだけでなく中鎖脂肪酸は腸から吸収された後、肝臓でケトン体に代わると速やかにエネルギーとして消費されてしまいます。ですから中性脂肪酸として蓄えられることもありません。つまりは脳を守り、内臓脂肪にもなりにくい油なのです。こうしたケトン体効果が注目されて
ココナッツオイルが一躍脚光を浴びたのですが、ココナッツオイル自体には中鎖脂肪酸だけでなく
長鎖脂肪酸も含まれておりピュアな中鎖脂肪酸ではありません。
そこでココナッツオイルのなかから中鎖脂肪酸だけを取り出したものがMCT油と呼ばれている油です。
内臓脂肪をためない、減らすという点でも、脳への健康効果という意味でも、ココナッツオイル以上に効果がある油といってもよいでしょう。MCT油には他にも良い点があります。

MCT油が増やしてくれるケトン体はガン細胞のエサにならないという点です。
ガン細胞が好むのは糖質。ガンにかかったときは、体力を保つためにもとにかく体重が
落ちないようにすることが大事なのですが、糖質を多く含むご飯をたべるとガン細胞も成長してしまいます。MCT油を摂り、細胞のエネルギーをケトン体主体に変えていくことでガン細胞を増やさず
ガンに負けない体力を保つことができるのです。
ダイエットで糖質制限をすると脳への負担が懸念されるので
40代以上の方にはおすすめです。ただし加熱にはむいていないのでコーヒーやお味噌汁に
たらして飲むとよいです。ちなみに私はコーヒーに垂らして毎日飲んでいます!!!
期間限定の1パーツ3000円の体験コース登場です。
なにかと「ひさしぶり!」なひとと会う機会が多いこの時期に
あれ?太った?って言われない体づくり!!
相談に乗りますよ!!

ご予約はこちら

お電話または、ホームページからご予約下さい。
エステプランなどご不明な場合は、まずカウンセリングのみ(無料)も行っております。